レディー・ガガ、”LGBT”の若者の施設でPTSDを初告白

ニューヨーク(CNN) 米人気歌手レディー・ガガさんが10年前に強姦された影響で、現在も心的外傷後ストレス障害(PTSD)を抱えていることが6日までに分かった。

レディー・ガガ、PTSDを初告白 LGBTの若者の施設で

レディー・ガガ、PTSDを初告白 LGBTの若者の施設で.jpg

先月訪問した性的少数者(LGBT)の若者たちの施設で、初めて明らかにしていた。


ガガさんは先月25日、自身のチャリティー団体「ボーン・ディス・ウェイ財団」と米NBCテレビの番組の共同企画で、ニューヨークのハーレム地区にある施設を訪問した。


ここには若いLGBTの路上生活者(ホームレス)60~70人が収容されている。その模様が今月2日、NBCの番組の中で紹介された。

ガガさんは19歳の時に強姦され、7年後の2014年にその経験を公表した。訪問当日に収録されたインタビューで「自分自身がトラウマを抱えていることは、ほかの人たちのトラウマを理解する助けになる」と語り、「きょう、あの子たちに、私が精神疾患を抱えていることを話しました。私はPTSDです。


今までだれにも話したことがなかったけれど」と明かした。

ほとんどのスタッフも若者も訪問の予定を知らされていなかったため、ガガさんが姿を見せると施設は興奮に包まれた。

ガガさんは若者たちの前で、心を落ち着かせるための瞑想(めいそう)を実演してみせた。ヒット曲を披露したり、1人1人と写真に納まったりもしたという。

創設者のカール・シシリアーノさんによると、施設にやって来る若者の75%はLGBTの事実を両親に受け入れてもらえず、身体的、性的な虐待を受けた経験を持つ。


ガガさんの訪問は「自分たちには大切にされ、愛される価値があるということをかれらに示してくれた」と、シシリアーノさんは強調した。






レディー・ガガさんが衝撃告白、「過去に性的暴行受けた」



米国の人気歌手レディー・ガガさんは、ラジオ番組「ハワード・スターン・ショー」に出演し、過去に音楽業界関係者からセクハラや性的暴力を受けたことを告白した。

ガガさんは、これまでスタジオで共に仕事をしてきた男性の大半から不適切な仕打ちを受けたという。

ガガさんは、「あのアルバムが成功したのはそのおかげ。

私の中に神への恐れがある時には書けなかった曲が書けたから。男たちは私のドレスの中に手を入れてきた。

だからスタジオの中で自分からスカートを脱いでやった」と述べ、さらに次のように続けた。

「今も悪い状況は変わっていない。私にとってだけではない。ニューヨークで16歳や19歳の若い女の子たちが、『この間、このプロデューサーに会ったの。

彼が私をスターにしてくれる。彼はビヨンセとも仕事をしたことがあるのですって』なんて言う。そんなの全てでたらめなのにね」

またスターン氏がガガさんに、プロデューサーから性的暴力を受けたことがあるか尋ねると、ガガさんは「恐ろしい経験」をしたと答えた。

ガガさんは「これまで、治療のために多くの精神・理学療法を受けてきたので、今は笑って話せる」とし、次のように続けた。

「私の音楽は、自分にとっても素晴らしかった。でも一時期、昔の自分を演じていた。

自分が自分ではなかった。19歳の頃だったかな。カトリックの学校に行っていた。

信じられないことが次々と起こった。大人ってみんなこんな感じなのかと思った。あの頃は世間知らずだった」



ガガさんが自分の身に何が起きたのかを認識するのに数年かかった。

「(襲われた)直後は、それほど影響はなかったけど、4、5年後に恐怖が襲ってきた。私は強い衝撃を受け、心に大きな傷を負った。それでも前進あるのみと自分に言い聞かせた」

「何かが自分に起きたことを認めることすらしたくなかった。誰にも言わなかったし、長い間、思い出そうともしなかった。そしてお酒を飲んだり、ばかなことをしたりして、原因を追究しようとした。

そうしなければ忘れることなどできない」

ガガさんが過去を告白したのは、スターン氏が今年3月に行われた「サウス・バイ・サウスウエスト」フェスティバルでガガさんが歌った楽曲「Swine」を話題にした時だった。

ガガさんは、この曲を歌っている時に共演者の嘔吐を浴びる演出を披露し、多くの批判を浴びた。

ガガさんはこの演出について、長年抱えていた怒りや苦しみを吐き出す意図があったと説明した。ガガさんは「Swine」は「性的暴力についての歌」だとし、次のように続けた。

「この曲は失望がテーマ。憤り、怒り、情熱を歌っている。私には、取り除きたかった多くの苦しみがあった。だから私は自分にこう言い聞かせた。『ドラムを強く叩きながらこの曲を歌いたい。

そして、機械仕掛けの雄牛にまたがりたい(下着姿の女性が乗せられてこれほどがっかりする物はないから)。

そして世界の前で若い女性の嘔吐物を浴びたい。そうすれば世界の人々に向かってこう言える。他人がどんなに頑張っても、私自身が私を汚すようにはできない。

私が自分を汚す行為はこんなにも美しい』と」


CNN.co.jp引用







この記事へのコメント