クリスマスに隠されたある秘密…そこに隠された心理的理由とは

もうすぐクリスマス。街はクリスマスムード一色になりました。恋人がいるひとは当然として、そうじゃないひともワクワクしますよね。

特に男性は、クリスマスになるとテンションが上がります。テンションが上がるというよりも、どちらかといえば“ムラムラ”しちゃっているのかもしれません。


それは、クリスマスに隠されたある秘密が関係しているから。


いったいそれは、なんなのでしょうか。その秘密を、紹介したいとおもいます。

クリスマスは男をムラムラさせる…そこに隠された心理的理由とは

クリスマスは男をムラムラさせる…そこに隠された心理的理由とは.jpg

クリスマスといえば

クリスマスといえば、いったいなにを思い浮かべますか。

まずは、クリスマスツリーですよね。そして、クリスマスプレゼント。それを運んできてくれる、サンタクロースにトナカイ。クリスマスケーキも、忘れてはいけないかもしれません。


じつは、これらにポイントがあるんです。わかりますか。



クリスマスと男性心理

じつは、クリスマスでいろいろ連想すると、頭のなかには赤色のものが多いことに気づくとおもいます。

諸説ありますが、クリスマスはもともと古代ローマにおける太陽の神様のお祭りでした。


それが、キリスト教に取り入れられたのですが、そういう背景もあってか、太陽を象徴するような赤色がクリスマスカラーとして使われています。


サンタクロースの衣装に、トナカイの鼻。クリスマスプレゼントのラッピングも、イメージは赤色ですよね。


この赤色が男性をムラムラさせちゃうんです。




赤色がムラムラさせる

フランス・南ブルターニュ大学の Nicolas Gueguen氏らの研究によれば、男性を虜にする色は赤色だということがわかっています。

6週間にわたり同じデザインで色違いのTシャツを着たウェイトレスを対象に、客からもらったチップの金額を比較したところ、男性客は赤いTシャツを着たウェイトレスに対して、そのほかのウェイトレスよりも14~26%も多く支払っていることがわかったんです。


つまり、赤色の女性をみると、男性は魅力的に感じてしまうんです。



いかがですか。クリスマスシーズン、飲食店の店員さんなどがサンタ・コスをしていますが、これは男性の気をひく意味において理にかなっていたんです。


ファッションとしては、白いコートなどが気になるとおもいますが、ここは赤いコートなどを利用するのがいいかも。


クリスマス当日は、思い切ってセクシー・サンタの格好をするのもオススメです。




【参考】

※ Nicolas Gueguenら(2012)「Clothing Color and Tipping: Gentlemen Patrons Give More Tips to Waitresses With Red Clothes」(Journal of Hospitality & Tourism Research)



【画像】

Zoom Team / Shutterstock



Menjoy! メンジョイ引用









この記事へのコメント