清純派イメージに隠された顔"広瀬すず"実はヤンチャな一面も?

熱愛報道を真っ向否定も…広瀬すず“清純派”に隠された顔

各スポーツ紙が毎年恒例のスクープ合戦を繰り広げた元旦。「日刊スポーツ」は1面で女優の広瀬すず(18)と俳優の成田凌(23)の熱愛を報じた。


広瀬すず「清純派」イメージに隠された顔 実はヤンチャな一面も?.jpg

 同紙によると、広瀬は15年1月期に放送された自身初の主演ドラマ「学校のカイダン」(日本テレビ系)での共演をきっかけに成田と知り合い、遅くとも昨年秋ごろには真剣交際に発展。


都内のコンビニを成田と2人で仲むつまじく訪れていたという目撃情報もあったというのだ。



 しかし、広瀬の事務所は「事実無根です」と交際を否定。一方、成田の所属事務所も「報じられているような事実はございません」とそろって否定した。



「自信がなければとても1面にできるものではない。とはいえ、目撃談などの“材料”が少なく、双方の事務所が申し合わせて否定することになってしまった。


2人とも売り出し中で異性のファンが多いだけに、スキャンダルはご法度です」(芸能プロ関係者)



 自身のSNSなどでは姉でモデル・女優の広瀬アリス、母と同居していることを明かしている広瀬だが、実はかなりヤンチャな一面も。親族との同居は事務所のスキャンダル対策もあるようだ。



「以前、中学時代にヤンキー風の同級生と撮ったプリクラが流出。同世代のジャニーズJrの3人との交際も浮上し、そのうち1人とのLINEのやりとりが流出したこともあった。


『ラブホ』という単語も入っていたため清純派のイメージにキズがつきました」(週刊誌記者)




 スキャンダルが清純派の殻を破る、いいきっかけになるかもしれないが。




日刊ゲンダイDIGITAL引用





この記事へのコメント